Paul Yang / バリスタ(バンクーバー・カナダ)

<*English is available below>

四年ほど前、

カナダにワーキングホリデーでいったぼくは、コーヒー屋の仕事を探して回っていた。

電話番号を書いた履歴書を公立図書館でたくさんコピーして、事前に調べていたコーヒー屋の場所を確認し手当たり次第配る。

「手当たり次第配る」といってもアポなし営業を下手くそな英語でやるようなもので、緊張のあまり噛んだり、額から汗が噴き出したりしながら配っていたわけでつまりはなかなか苦労した。

後半はもはやただの負けず嫌い。所持金が尽きるまで履歴書配りを続けていた。

ひと月くらいしてようやく仕事をもらえたそのコーヒー屋は、ダウンタウンのど真ん中で、めずらしく二十四時間営業の店舗だった。

そして、そこのマネージャーがポールだった。

ポールは中国生まれ、カナダ育ちの中国人だ。

まだまだ日本でラテアートの流行る前。ポールはサラサラっと葉が二十枚くらいのリーフを描いた。当時のぼくはひどく感動したものだった。

「すげー」

「スチームができれば難しくないよ。ホットチョコレートでも描けるよ。」

今考えるとカナダの一年は「コーヒー」なる物のほんの『断片』を知る時間であった。

とはいえ、ポールは「コーヒーって面白いだろ?」ということをぼくに教えてくれた、初めての男だった。

ぼくはカナダから帰国する一週間くらい前、それまで持っていたマーチンのバックパッカーズギターをポールに譲った。彼ならいいかなと思った。

これまで色んなとこに連れていって、どこかの国の海水を思いっきり一回浴びていたけど、

当時はまだいい木の匂いがする思い出のギターだった。

「最近練習してる?」「ああ、うんその、たまに

あまり活躍はしてないようだけど。

まあ、いいんだ。

今朝もコーヒーを淹れた。

今朝も美味しいなと思って一人で「うめーなー」とつぶやく。

それだけで良い一日になる気がするから、

なんだか不思議なものだ。

カナダ移民、ポールのGood Lifeは十二月二日公開です!お楽しみに!!

About four years ago, I went to Vancouver, Canada, I was looking for a barista job.

I made a lot of copies of resume at Public library, and handed around them to any coffee shops in down town.

It was actually tough for me because my English was not good, so yeah , it’s like sales job with awkward English. I was too nervous to do. Sweat a lot and I spoke words that even I couldn’t understand. I was just doing that until my saving money ran out.

One month later, finally got a coffee shop job, which was located centre of downtown, (Robson and Burrard St.) 24 hours shop. And the manager was Paul.

He was born in China and grew in Canada.

Before latte art culture became popular in Japan, Paul drew 20 -leaf rosetta easily and I was impressed.

“Wow…”

“If you make a nice steaming, it’s not so difficult. Yon can make latte art even hot chocolate.”

The year in Canada for me was a moment I could know the fraction of  coffee world and Paul was the first guy he taught me “Coffee is fun”.

Before about one week I went back to Japan, I passed my Martin’s Backpacker’s guitar to him. I thought he was the guy.

“Do you practice the guitar these days?”

“Oh well.. sometimes.”

Ah.. that’s okay.

I brewed coffee this morning.

I thought it’s tasty and say “Good.”

It’s really interesting that is good enough to make a good day.

Paul Yang’s “Good Life” is coming so soon, on December 2nd! Please don’t miss it!

 

1555550_611018635624418_109104599_n