Uta Nishino / 自給自足生活者(不明・日本)

バンクーバーのダウンタウンに一泊十カナダドル(約八五◯円)の汚ったない安宿がある。

ぼくはそこにしばらく住んでいて、ユウタ君とはそこで出会った。

頭を丸め、無国籍な上着を着ていたユウタくんを、ぼくはお坊さんを眺めるような目で見ていた。

「玄米さえ食えば生きていけるんだ」

ユウタ君はここに来る前までオートラリアにいた。ファームの仕事などいろんなことを経験するうちに、食事に興味を持ち出して、タイトルは忘れたのだが、日本の食について書かれた本を大事そうに持っていた。そして当時はいつも鍋で玄米を炊いていた。

「イエローナイフまでチャリで行こうと思うんだ。しんさんチャリ買いに行くの一緒についてきてくんない?」

ここから自転車で?何を言っているんだろうと思った。バンクーバーからイエローナイフまでは北に二千キロ以上ある。しかも極寒の地だ。

しかし、それからしばらくして彼は無事イエローナイフまで自転車で行き、その後帰国して田舎で農業をして暮らしていた。

実は、数ヶ月前に彼と四、五年ぶりに再会する機会があって、彼はうちに一泊した。

それから

どこかへ行った。

どこに行ったのかわからない。けど、日本のどこかでたぶん元気でやっているのだ。

このモノというモノに満ち溢れた国で、彼はそれと離れることを選んだ。

必要のないモノと見切りをつけて、

それのないところへ行った。

ユウタ君のGood Lifeを読んで、ハッとさせられる人も多いはずだ。

働くことに対して

生きることに対して

そしてぼくらが本当に必要なものに対して。

あの日、汚い安宿のドミで、ユウタくんが歌ってくれた

「宿はなし」という歌が気に入って

それからぼくは、

彼があの街を去ったあとコードを覚えてギターを練習したんだ。

tumblr_nzsgj2ARlV1u01eppo1_540