知らない町

仕事の出張で知らない町に来た。
いや、一度訪れたことがある。数年前に友人たちと車で東北まで行ったときに少しだけ立ち寄った。
でも、ろくに知らない町。
今日でこの町に来て七日目。
明日で終わり。

 

休憩時間のない九時間半の立ち仕事。
食事は売り場の影で、コンビニで買ったプラスチックのような餌を齧り
自ら選んだ、低所得労働者の吹き溜まりのような安宿で眠る。

 

仕事をしながら時折、変なことを考える。
あの人はいつも頑張ってる。俺は頑張っているのかな。
頑張るって、何か。な。

 

ビタミンBのサプリを毎日飲んでいるのに
にきびができた。

 

一人の時間が長いと
過去を振り返る時間が増えるものだ。

 

幸せだったときも
幸せにしたいと思っていたときも
笑ったことも
なんてことない日々も
結論が悲しければ、全て悲しい思い出となる。

 

やたらにでかい溶けた月を見て。

 

残席僅かな舞台の予約をする。

 

この文章は昔から書いてきたけど、
あの人は見てくれてたのかな。
俺の文について話をしたことはなかったように思う。

 

でも、別に大したものではないから
よかったんだけれど。

 

 

©  FLOPS & LINES All Rights Reserved.
PAGE TOP