#09 昔言われたこと

「美味いエスプレッソって飲んだことある?鳥肌が立つようなやつ。

 

それがないうちは、美味いのは淹れられんよ。残念やけど」

 

ぼくは福岡のとあるコーヒー屋でバイトしていた。

 

そこはオシャレなカフェではなく、

爽やかなお兄さんたちが、気持ちのよい音楽の中で淹れるコーヒースタンドでもなければ、

ビシっと白シャツと黒いエプロンをした、大人たちのもてなしをする気取った珈琲専門店でもない。

 

不良たちが、高級なコーヒーを、狂ったようにクソ真面目にやっているようなコーヒー屋だ。

週1、2回あるカッピングは「工場」と呼ばれるアジトのような古小屋で、

ラモーンズとかが爆音でなる中、行われる場所だった。

 

 

「二.三年に一回あるんよ。そういうのが」

 

当時焙煎をやってたミスギさんが言った。

 

この世界は、奥の深い世界で、知れば知るほど底なしのものだ。

どこまで追っかけるのか、

求めるかっていう、

それがコーヒーの世界。

 

例えば百点満点のあるテストとか、逆に点数化できず良し悪しの判断できない旅のようなものとか、

 

そういったものにばかり触れてきたぼくにとって、ゴールの見えない、

しかしいくらでも先のあるもの、というのは、

これはチャレンジングなものだった。

 

 

「俺は−−−」ミスギさんは言う。

「朝起きて美味いコーヒーを飲みたい。だからやってる」

 

彼は常に回答を持ってる気がする。

そこに至るまでには、自身が納得するまで答えを求める過程があったんだろうな。

 

色んな道をぼくらは選べる。

選べるというのは、言い換えれば、

その都度、決めなければならないということだ。

 

それを追っかけてる人ってのは
まあそれはかっこいいなと思う。

(ちなみにミスギさんはその後独立している。→3 Ceders Coffee

 

そして、

お前はどうなんだ

music/ itaikena aki /Kazuyoshi Saito feat. Bose

DSN_1142

©  FLOPS & LINES All Rights Reserved.
PAGE TOP