#02 登山家の友人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「自分の命をかけてやる」

 

文字通りに命をかける人が、あなたの身の回りにどれほどいるだろうか。

 

たとえば日本人なら何人いるんだろう。一億人の中に何百人か、いや何千人かいるんだろうか。

家路へ急ぐ人々で空間を覆い尽くされた電車を見ながら、ぼくはカミタニテッペイと話したことを思い出している。

 

 

先日、本紙の1号に記事を書いてくれた彼と会った。(彼の紹介はこちら

 

登山がどういうものかをぼくは知らない。

傾斜六十度の壁が、正三角形の一つの角と同じ角度ということは知っているが、それを登ることがどういうものなのか、何を感じるのかをぼくは知らない。

もしかしたら死ぬかもしれないと思ったことはあるが、そこへ自ら立ち向かっていく人が感じるものをぼくは知らない。

 

「伝えようと思った」

 

ぼくらのように命をかけたことのない人たちにも、そこで感じるものとか、見られる世界の、おそらくはほんの一部になると思うけれど、それを伝えようとしてくれている。

 

カミタニテッペイが以前からもっていたブログをリニューアルし、新たにウェブサイトをたちあげた。

 

 

「今度登る山なんですけど、ベースキャンプにいるところで電話するんで、天候とかを教えてほしいんです。

三日あればここを登って下りてこられるんですが。単独で登ったことがあるのは、今までに世界で一人しかいないんです。

アジア人では初になるんですよ。」

 

カナディアンロッキーの最高峰、マウント・ロブソンに登りに行くあの日、ぼくは彼のことを一緒に住んでいたシェアハウスから見送ったが、

こういう男の表情というのは、なんとも表現しにくい、まるで悟ったような、落ち着いたような、穏やかで広い何かをバックに感じさせるもので、ぼくはそれを鮮明に覚えている。

 

 

彼のウェブサイトには登頂の瞬間の動画もあり、なにが彼を登らせるのかの断片を感じることができると思う。

ぜひご覧いただきたい。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぼくがつくったターコイズのお守りを頂上までつけてくれたテッペイ

©  FLOPS & LINES All Rights Reserved.
PAGE TOP