Jean Okada/ Fashion Designer ( Vancouver, Canada)

I haven’t bought a lot of clothes so much these days. Because of money problem and I was little bit tired of flood of information in Tokyo, I guess.

So it maybe like a nonsense that “I” have a chance to interview to such a professional fashion designer.

Jean looked  surprised when I asked “Why people need to design clothes?”

Well. this question was the very nonsense.. It may be a no-brainer question like “Why people eat tasty food?”.

(Been cut on the magazine..)

 

Jean is a fashion designer. Used to be a head designer at Lululemon in Vancouver, Canada and now working on her bland.

Super charming and thoughtful person but also talented, playing DJ and making costumes for dancers.

 

I hadn’t talked with her so much before so I’ve just only seen her professional side.

Through this interview, I found such pro works on her own design sincerely and seriously.

 

Please read her “Good Life”, which will help you when you are in any trouble or low!

 

Aritzia (the garment shop in Vancouver that Jean works)

Lululemon Lab ( Jean’s ex-workplace)

 

 

 

最近服をあまり買わなくなった。
ここ数年くらい、お金の余裕がなかったこともあったけれど、東京にどっと押し寄せる「消費主義」の氾濫に興ざめしてしまったのが一番の理由だと思う。

 

そんなぼくが、服をデザインする人にインタビューしたのだから、なんともナンセンスな感じもする。
ジーンに「どうして人は服をデザインするの?」と聞くと、すごく驚いた顔をしていた。

それはたぶん「なんで美味しいご飯を食べたいの」と言われるくらいの質問であったのかも知れない。

これまたナンセンスな質問‥(本誌ではカット)

ジーンはファッションデザイナーだ。
しかも、世界的なブランドのヘッドデザイナーをやっていたような人である。

 

非常にチャーミングで気さくな人であるが、ダンサーの衣装の依頼を受けたり、DJもしたり全く多才な、しかし謙虚でかわいらしい女性である。

インタビューの文字起こしをして、改めて思ったのは、

ものづくりについては、本当に真摯に取り組んでいる人だということ。
こういうのは当然センスの問われる世界なのだろうけれど、

同時に、よく考え抜かれ、努力をしてきたからこそ、活躍できる。そういう世界なのだ。

まさにプロフェッショナルだなと思う。

 

ジーン・オカダの”Good Life”。

ファッションやものづくりの方々も必見です!

Lululemon Lab(Jeanが以前ヘッドデザイナーを務めていたブランド)

Aritzia(現在チーフデザイナーを務める、カナダの老舗ブランド)

・ファッション・カルチャーの著名サイトMissbishのジーンのインタビュー MISSBISH